北白川書房 トップページへ
サイトマップ
 季刊新そば とうかい食べあるき 月刊なごや 北白川書房


表紙のこと 八丁味噌『まるや八丁味噌』
(岡崎市八帖町)
表紙は、八丁味噌の名店『まるや八丁味噌』(愛知県岡崎市八帖町往還通52)。

「八丁味噌」元祖『まるや八丁味噌』は江戸時代の1337年、八丁村の酒屋、大田弥治右衛門が自家製の味噌を売りはじめたのが始まりでした。以来、二夏二冬熟成させる伝統の製法を現在も守っています。

いま、他の醸造メーカーが速成で作る味噌を八丁味噌と名付け販売していますが、旨味もコクも全く別物。全国で許されているのはこちらを含めて2社のみ。『まるや八丁味噌』は本物への確かな矜恃から生まれています。

▼(写真)一桶に仕込まれた味噌は約6トン。掘り出しも職人による手作業です。

まるや八丁味噌HP
名店net まるや八丁味噌
名店net
名店発見 名店net
名選会
名選会システムについて
全国新そば会net
全国新そば会net
とうかい食べあるき友の会
とうかい食べあるき友の会
食べあるきの会ご案内
入会申込み希望の方
定期購読
定期購読のご案内
定期購読申込み希望の方
自費出版
自費出版のご案内
 
ご意見・ご感想  
Copyright(C)2004 北白川書房/All Rights Reserved