北白川書房 トップページへ
サイトマップ
 季刊新そば とうかい食べあるき 月刊なごや 北白川書房


表紙のこと うなぎ・懐石料理
『二文字屋』
元和6年(1620)、岐阜城下より移り住んだ上野長七郎が、御勅使、大名高家の御飛脚使宿としてお茶料理を提供したのがはじまり。
 当主は十三代目・上野晴哉さん(59)。名物の鰻料理は父で今は亡き博務さんから厳しく仕込まれ、懐石料理は料理の鉄人として名高い道場六三郎さんの元で長年修業。まもなく創業400年。日本料理の伝統を、見て楽しい、食べて美味しいを目指す晴哉さんの感性光る綺麗味で供します。
名店net
名店発見 名店net
名選会
名選会システムについて
全国新そば会net
全国新そば会net
とうかい食べあるき友の会
とうかい食べあるき友の会
食べあるきの会ご案内
入会申込み希望の方
定期購読
定期購読のご案内
定期購読申込み希望の方
自費出版
自費出版のご案内
 
ご意見・ご感想  
Copyright(C)2004 北白川書房/All Rights Reserved